>  > そこは「感覚」ですかね

そこは「感覚」ですかね

風俗は基本的には感覚で楽しませてもらっていますね。理屈であまりあれこれ考えるとかえって風俗の魅力を損ねてしまうんじゃないかなと思うんですよね。それは勿体ないじゃないですか。そうじゃなくて頭の中を空っぽにするかのような時間を楽しみたい物じゃないですか。だからあまり難しいことを考えるんじゃなくて自分の好きなようにフィーリングで楽しむようにしています。それでも十分に楽しめるのが風俗の良い所だとも思いますのであまりあれこれ深く考えない方がそれはそれで楽しめるんじゃないかなって思っています。もちろんいろいろと考えることもそれはそれでとても大切なものだとは思いますが、理屈抜きでいろんなことを楽しめますよね。事前にホームページやポータルサイトを見て勉強というか予習してくことも大切だとは思いますけど、していなければしていないで普通に楽しめるのであんまり深く考えないように、自分の気持ちの赴くままに楽しんでいます。

厳しい時代だからこそ風俗

一応経営者をしていますが、正直厳しい時代ですよね。利益よりも人手の確保です。人件費を上げても結局労働者の人数そのものが少ないので少ないパイの奪い合いというか。それに一度上げると今度は下げづらいしなとかいろいろと考えるじゃないですか。人が少ないってのはここまでいろいろな影響が出るものなのかって思わされましたね。それはともかく、そんな時代だからこそ息抜きも必要だよなってことで風俗に行くんですよ(笑)人手不足の問題はどうすれば解決出来るのか。四六時中そんなことを考えているんですけど、考えた所でなかなか考えもまとまらないんです。それなら頭を真っ白にして一度風俗に行く。そしてまた考える。そんな繰り返しですけど、解決策はなくとも少なくとも女の子と話している時には非日常感があってとても楽しい時間を過ごせているのでそれはそれでありなんじゃないかなって気持ちですかね(笑)まぁある意味究極の現実逃避なんですけどね。

[ 2016-08-31 ]

カテゴリ: 風俗体験談