>  > お金を貯める楽しさがある

お金を貯める楽しさがある

貯金くらいですかね、自分の趣味は。貯まっていくお金を見るのがとにかく楽しいというか大好きなんですけど、でも時々は使いますよ。それは風俗です。結構な出費だろって突っ込みもあるかもしれませな、風俗で使うお金は自分にとってとても有意義なものだと思いますし、それに営業職の自分にとって風俗で女の子と楽しむことによってモチベーションが高まるんですよ。風俗を利用することによって契約を勝ち取る率が高まるのであれば、それはある意味とても重要な自分への投資なんじゃないかなとも思うんですよね(笑)都合良すぎる解釈かもしれませんが、それもまた、とても大切な部分なんじゃないかなと思うんですよ。それにお金は貯めるのも楽しいですけど時には使うことだって楽しいものです。それだけに、風俗をって気持ちになるのも自分としてはそこまでおかしなものではないんじゃないかなって思っているんですよ。まぁちょっと都合の良い解釈かもしれませんが(笑)

主夫の風俗事情

主夫をしています。働くのは妻。自分は家事。自分でも一応在宅でちらっと仕事はしていますが、一家の大黒柱という点では妻です。ただ、自分で稼いだお金で風俗に行くこともありますね(笑)やっぱり暇なんですよ。妻はフルタイムで働いていますので、こちらが家事をしますが、朝に洗濯。昼ご飯なんて自分一人なら食べる必要もない…というかカップラーメンくらいで十分。夜はさすがに料理しますけど、そのくらいなものなんですよね。だから昼過ぎから夕方にかけては自分の時間が余っているのでそこで風俗に行くこともあります。昼間なので割と空いていますし女の子も精神的にも体力的にも割と余裕があるんですよね。だからいろいろとリクエストしやすいんですよ。忙しい時は女の子だってどうしても大変でしょうし、流れ作業とまでは言いませんが、とにかく男をイカせないとって気持ちもあると思うんですよ。でも余裕があるので割とじっくりと楽しめるんですよね。

[ 2016-10-13 ]

カテゴリ: 風俗体験談